占いの中で人気があるのが、姓名判断と四柱推命です。姓名判断と四柱推命はどこまで信用性があるのか?どうやって選べばいいのでしょうか。

姓名判断

姓名判断ですが、判断する条件としては、自分の氏名と生まれた時間などです。私の場合を考えると、生まれた時間は、問題ないです。

しかし、氏名においては私の場合、名前を付けた人が占い師なのです。ですから、名前の漢字も字数も完璧にされているのです。生まれた前から完璧な名前なので、キッカケがあって姓名判断を受けた時にどう反応すれば良いのか困ります。

どんな氏名判断を受けようが最高の結果が毎回出るのです。結果自体が良いのは嬉しいですが、私個人においては信憑性を持てないのです。どのように結果を受け留めて判断すれば良いのか教えて欲しいくらいです。

四柱推命

次に四柱推命です。四柱推命の場合は、生まれた年・月・日・時間などが判断材料です。これで過去・現在・未来を占うというのですが、私は一卵性双生児なのです。そうです、双子です。双子ですから生まれた年・月・日・時間が同じです。

四柱推命の本などを読む時は、全く同じ結果になりますから、同じ人生を送るはずになります。しかし、過去・現在を見る限り全く違います。一卵性双生児などの双子の人達は、四柱推命の結果をどう判断擦れば良いのかこれまた困るところです。

私のように氏名を占い師に付けられた一卵性双生児の双子の方々は、どう占いを捉えてるのかが気になります。また、占い師の方も私達のような境遇の人間をどのように占い、どう占い結果を出し、どう解釈するのか教えて欲しいです。

疑心暗鬼になる時もありますが、姓名判断においては、必ず良い結果が出るので、結果が上手く行かなかった時などに心のよりどころにしてる部分もあります。良い結果を確認して、「私の人生は、常に大丈夫です。」と言い聞かせています。

当たるも八卦当たらぬも八卦とは言いますが、信じる者は目標が叶う、一方で占いに振り回されずに自分で考えて行動することも肝に銘じています。

今日中にお金を作る方法