2、3年に一度、猛烈に占いに行きたくなる時期があります。普段は占いには興味もないし、TVの12星座占いランキングも下位だと気分が落ち込むので見ないようにしているので、急に行きたくなったときどこに行ったらいいのかわかりません。なので、占いに詳し友人に相談してみました。

彼女が勧めてくれたのが、柴又帝釈天でもう50年以上も占い師として活動されている占い喫茶「もんでん」の森千命さん。四柱推命の占いをされるそうで、ネットで検索するとお名前がチラホラと出てきます。

柴又は私の自宅から遠いのですがどうしてもその時期、仕事のことで不安になっていて占いに頼りたくなり森千命さんにお願いすることにしました。

HPからのメール申し込みは出来ないようで、電話にて申し込みました。電話受け付けの人は江戸っ子のべらんめい口調。名前すら聞かれず……。

も:「はい。もんでんです」

電話に出てくれたのは男性。ちょっと威勢のいいおじさんといった声でした。

私:「占いをお願いいしたいのですが」

も:「じゃ、○日は10時か14時。それ以降は空いてない!」

私:「では○日は10時で」

も:「はい。では」

私:「あの、名前とか電話番号とかいらないんですか?」

も:「うちに来る人はみんなしっかりしてるから、いらない!」

名前も電話番号も聞かれずあっという間に電話は切られてしまいました。

 

仕事運、金運は安泰!嬉しすぎて涙

柴又帝釈天までは電車で行きました。乗り換えや徒歩の時間などもありかれこれ90分はかかったような気がします。占い喫茶「もんでん」は柴又帝釈天の参道にありわかりやすかったです。お店で待たされ時間がきて店の奥の4畳半のような部屋に通されました。すると電話の声の人がいました。70代ぐらいのシャキシャキしたおじいさんです。

仕事のことについて悩んでいるというと、まず全体の運勢を見てくれました。

も:「あんた、数年前までめちゃくちゃな人生を歩んできただろう?」

確かに私は、病気で会社を休職したり離婚したりとここ数年は毎年トラブルに見舞われてきました。

も:「でも、もう大丈夫。向こう30年は安泰だ。仕事は爆運。どんどん仕事が入ってきてこなせばこなすほど地位が上がっていく」

会社員をやめフリーランスとして働き始めた私にはとても心強かったです。金運、健康運も良好。ただし男運はないので独身を貫いた方がいいとずばっといわれました。あれから数年立ちましたが、やはり独身です。

仕事はとても順調でコンテストで賞を取ったり、仕事の受注金額があがったりと今まで苦しんできたのがウソのように楽になりました。それもやはり、占いで仕事運はいい結果だったからと心のお守りにして仕事に励めた結果です。

即日でお金を作るなら